イムラン首相は、武装勢力が国を占領しないことを誓う

イムラン首相は、武装勢力が国を占領しないことを誓う

陸軍公立学校(APS)虐殺の5周年を記念して、イムラン・カーン首相は、武装勢力が国を占領することを許可しないと誓った、とラジオパキスタンは報じた。

イムラン首相は、彼のメッセージの中で、過激派が国家の人質を「二極化したビジョン」に人質にすることは許されないと誓った。

首相は、罪のない人々の血が、あらゆる形態の過激主義、テロリズム、暴力、憎悪に対して国民全体を結びつけたと述べた。首相はまた、軍隊、警察、法執行機関がテロとの戦いで犠牲にしたことを称賛した。

一方、陸軍参謀総長(COAS)のQamar Javed Bajwa将軍は、APSの虐殺は決して忘れられないだろうと述べた。

Bajwa将軍の発言は、TwitterのInter-Services Public Relations(ISPR)総局長Asif Ghafoorによって共有されました。

陸軍長官は、「involved教者とその家族への敬礼」を申し出て、「関与したテロリストの5人が軍事裁判所にかけられた」と述べた。

「私たちは国家としてのテロリズムを破るのに長い道のりを歩んできました。私たちはパキスタンの永続的な平和と繁栄に向かって進みます」

Post a Comment

0 Comments