イムラン首相がジュネーブに到着し、世界難民フォーラムを共同開催

イムラン首相がジュネーブに到着し、世界難民フォーラムを共同開催

ラジオ・パキスタンによると、イムラン・カーン首相は月曜日にジュネーブに到着し、第1回世界難民フォーラムを共同開催した。

空港に到着すると、首相はパキスタン大使とジュネーブ・ハリル・ハシミ国連国連代表、スイス政府と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の代表者を受け取りました。

スイス駐在パキスタン大使、アフマド・ナシーム・ワライチ、世界貿易機関ジュネーブ駐日パキスタン政府代表部常任代表、ムハンマド・ムイタバ・ピラチャ博士も、PM事務所により出席した。

21世紀の難民に関する最初の主要な会議であるグローバル難民フォーラムは、UNHCR、国連難民庁、スイス政府によって共同で開催されています。

イムラン首相は、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領とコスタリカ、エチオピア、ドイツの指導者とともに、難民の保護と福利のための模範的な役割を認識してフォーラムを共同開催するよう招待されました。

首相は、フォーラムでパキスタンの視点、経験、アフガニスタン難民への貢献を明確にする、と首相は付け加えた。

ジュネーブ滞在中、首相はまた、彼のカウンターパートや国連指導部と二国間交流を行い、アントニオ・グテーレス国連事務総長が主催する昼食会に出席します。

Post a Comment

0 Comments