国連安全保障理事会、カシミールで本日会合

国連安全保障理事会、カシミールで本日会合

国連安全保障理事会(UNSC)は火曜日に会合し、インド占領下のカシミールの状況について議論します。

この会議は、パキスタンの同盟国である中国から今年2回目の要請を受けました。インドが第370条を撤回し、紛争のあるカシミール渓谷に与えられた自治権を終わらせた後、8月に議会が最後に会議を開き、この問題について議論しました。

「状況の深刻さとさらなるエスカレーションのリスクを考慮して、中国はパキスタンの要請をエコーし​​、ジャンムーとカシミールの状況に関する理事会のブリーフィングを要請したい」と中国の国連ミッションは記している。議員へのメモ、ロイターは報告します。

インドがイスラム教徒の過半数地域に与えられた特別な地位を廃止した後、今日4ヶ月以上、ヒマラヤ地域は封鎖されています。

1948年と1950年、国連安全保障理事会はカシミールに関するいくつかの決議を採択しました。その中には、谷の将来を決定するための国民投票を求めるものも含まれます。

また読む:UNSCは占領カシミールの状況について会合し、「一方的な行動を控える」よう締約国に要請する

今年8月、UNSCのメンバーは50年以上ぶりに会い、占領下の渓谷の危機的な状況について話し合い、紛争の当事者に一方的な行動を控えるよう促しました。

UNSCは、占領されたカシミールの特別な地位を取り消すというインド政府の最近の決定について議論するために、中国とパキスタンの要請で密室で会った。

当時のパキスタンの国連常任代表であるマリーハ・ロディは、UNSC会議を歓迎しており、「この会議を開催してくれたことに対して中国に感謝している」と述べた。

「カシミールの人々の声は今日聞かれた。この会議が行われたという事実は、これが国際的に認められた紛争であるという事実の証言である。 「彼女は、会議後に記者団に話しました。

「この会議は、ジャムとカシミールがインドの内部問題であることを無効にすると思う」とロディは付け加えた。

Post a Comment

0 Comments